maxresdefault (2)
今回はマジでテキトーなんでスルーして下さい


短め

良い点
・爽快なアクションと快適な操作性
死んだ地点に経験値を落としてしまったりすることから、以前から戦国版ダクソなんて言われてた本作ですが、実際に操作してみるとダクソのような重々しい重量感はそんなに感じない代わりに、操作がサクサクと自分の思った通りに動いてくれて非常にストレスフリー
なんていうか雰囲気的にも、まんま鬼武者を操作してるような感覚に近かったです。
 
 武器は5種類
仁王_20170212013252
プレイ開始してしばらくすると5つの武器のうちから2つ選ぶことが出来ますが、それ以降いつでも武器は変更出来るのでとりあえず気になったものを選んどけば良いでしょう。

一見少ないですが各武器にはそれぞれ上段中段下段の構えが用意されています。
上段だとスキが大きいが威力も大きい
中段はバランスの取れた
下段は威力は今ひとつだが回避に優れている
 といった特徴がありそれぞれ構えのポーズはもちろん、攻撃モーションまで違っている為操作してるだけでも面白かったですね、戦闘中も常に構えの変更出来るし。

遠距離武器も存在し、そちらは弓、銃、大筒の3種類
当然矢弾や弾丸に限りこそありますが、それを差し引いてもかなりの瞬間的最大火力を秘めており、敵から距離をとった状態から攻撃出来るので道中は何度もお世話になりました(´・ω・`)
もちろんヘッドショットなら大ダメージ、雑魚の場合は即死させることも可能です
ダクソのようなやくたたずの弓のイメージがあったので、本作の遠距離武器の強さには驚きましたね

・ハクスラ要素
仁王_20170212221838
このゲームでは道中の雑魚や中ボス、宝箱から手に入る武器の性能は基本的にランダムです
ランダムとは言っても、各ステージの設定レベルに近い物が出てくるので基本性能が低すぎるものしか手に入らねぇ!
って事は無いでしょう。
属性付き特定の構え時の攻撃補正ドロップ率補正ガード時の気力(スタミナ)軽減など様々です。

武器・防具・装飾品・アイテムなど含めて500個までは手持ちで歩くことが可能ですが、当然要らない装備は出てきます。
そんなときは奉納
仁王_20170214223302
奉納することでアムリタを得たり、一定数奉納すると回復アイテムや経験値を含んだ石が手に入りますから面倒がらずどんどん奉納しましょう!
仁王_20170214223316
もちろん奉納で手に入るアムリタの数は、奉納する物のレア度によって左右される 


悪い点
雑魚敵の種類がやや少ないかも?
鬼やぬりかべ、輪入道、大入道、烏天狗など妖怪を元にした敵が出てくるのですが、正直種類が少ないように感じました
妖怪ってかなりの種類いるハズなんで、もうちょっと増やして欲しかったかな(´・ω・`)
流石に何度も同じ敵見ると対処法も知ってるし、映像的にもやや飽き気味になってくるんすよ。



まとめ
基本的にダクソシリーズのようにヒット&アウェイな戦い方が基本となってますが、雑魚敵で運もよけば3体同時でも普通に戦えたりするので意外とゴリ押しも通用しますし、ダクソやブラボと比べこの手のジャンルにしては初心者でも手が出しやすいゲームに感じました。

サブは水増しっぽいミッションもあるが、別にやらなければ良いだけだし何ら問題無い
実際私もほぼメインのみ遊んでましたし。
舞台となる戦国時代のテイストも、中々に渋くて私好みでした

最後に一言、今回のレビューテキトー過ぎてごめんなさい.....
もうゲームラッシュ過ぎてゲームやる、ブログ書く、アニメ観る、生活する
全てにおいて時間が足りないんだよ!
という言い訳です、ごめんなさい